家族の借金の返済義務について

「妻が内緒で借金をしていた!!」
「ポストの中に、夫の借金の督促状が入っていてびっくり!!」
このような経験をされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
妻や夫を問い詰めることも大切ですが、内緒の家族の借金についてどう対処すればいいのか考えてみましょう。

貸金業者から、「家族だから当然支払って下さい!!」と言われても、支払う必要はありません。
現在の法律では「家族の借金は返済しなければいけない」という規定は、どこにも存在しません。
業者側が脅しにかかっても、突っぱねるようにしましょう。
それどころか、違法行為として業者を訴えることも可能です。

しかし家族の方が、その借金の連帯保証人や連帯債務者になっていた場合には、話は違ってきます。
債務者が返済できない状況になると、貸金業者は連帯保証人や連帯債務者に対して返済を請求することができます。
ただし連帯保証人や連帯債務者を立てるには、当事者の同意や契約書の署名・捺印が必要になりますので、通常は「家族が知らない」ということはありません。
万が一知らない間に借金の保証人などになっていた場合には、請求を受けても絶対に支払ってはいけません。
身に覚えがない場合でも、一度返済に応じてしまうと「保証人の追認(自ら認める)」をしてしまうことになります。
このような状況を知りながら行動する貸金業者も存在しますので注意しましょう。
すみやかに債務整理費用について弁護士などに相談することをおすすめします。