イオンカードのキャッシングは総量規制対象外?

イオンのショッピングモールや傘下のスーパー等の店舗を利用する機会の多い方が、買い物の時に優待特典を受けるために、イオンカードが人気になっています。通常ではショッピング限度額しか付かない専業主婦やシニア層の方にも、キャッシング枠が付くケースがあり、評判になっています。

通常ではクレジットカード会社は貸金業に当たるので、収入のない方にキャッシング枠が付かないのですが、イオンカードは総量規制対象外のカードですので、キャッシング枠が付けられます。何故イオンカードが総量規制対象外となるかと言うと、イオン系列の銀行から発行されているからです。銀行は貸金業法下で運営されているわけではないので、貸付は総量規制対象外となります。そのため、自ら収入を得ていない専業主婦や、リタイアをしたシニア層にもキャッシング額が認められることがあるのです。

出費が必要な場合に備えたい場合専業主婦やシニア層の場合は、総量規制対象外のカードローンを申し込むよりも、イオンカードに申し込みをした方がいいかもしれません。特に、55歳以上の方であれば、シニア層向けのイオンカードも発行されていますので、手続きがしやすいでしょう。

店頭やインターネットで申し込みをした場合に、利用目的を問う欄がありますが、ショッピング目的だけに印を付けただけでも、キャッシング枠が付くこともあります。審査が不安であれば、キャッシング目的には印を入れない方が良いでしょう。お金に困っているのではと判断される場合もあるため、記載を避けるようにしてください。
http://souryoukisei.info/